レーシックの主な手法

レーシックを受ける際にいろいろな手術方法プランがあります。

あまり知識がない方は、自分にはどのレーシック手術があっているのか悩むはずです。

価格が安いものでは8万円から、高いプランは30万円を超えます。

「眼は、一生ものだからけちらず高いものの方が。」と思うかもしれません。
しかし、レーシックの料金が高ければよいというものではなく、自分の眼の状態にあったプランを選ぶことが大切です。

基礎知識として、レーシックの主な2つの術式について説明します。

・レーシック
最も古い術式で、多くの医院で最も安いプランです。
プランによって違うのは、角膜をめくるのに、どのような器具を使うのか?ということです。
一番安いこのプランは、マイクロケラトームという小型のかんなのようなもので目の表面を薄く切り込みをいれます。レーザーを当てる部分は共通のマシンで行います。
メリットとしては手術時間が短く、目の負担が小さい、さらには手術後のハロやグレアなどの合併症の治りも早いです。

・イントラーレシック
マイクロケラトームというかんな式ではなく、レーザーを使って角膜をめくる切れ込みをいれます。メリットとして、全自動の機会で行うのでミスが少ないということです。慣れていないドクターでも手術可能です。

レーシックを検討されている方は、まずは適正検査を受け、自分の眼やライフスタイルにあったレーシックプランを、医院の医師としっかり相談しましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

« ウェーブフロントレーシック | ホーム

このページの先頭へ