イントラレーシック

レーシックとはエキシマレーザーを使用して、目の角膜中央部を削り角膜の形を修正して、視力を回復させる治療のことです。
レーザー光線によって、手術を行いますので痛みも無く、短時間で終わるのが特長です。

レーシックは、点滴麻酔をしてから、金属刃のマイクロケラトームという道具を使って角膜表面を薄く削って蓋状のフラップを作り、レーザー治療後にそのフラップを角膜にかぶせていました。

現在の主流な治療法はイントラレーシックという種類になります。<br />
イントラレーシックはフラップ作成の際に、金属刃のマイクロケラトームは使わず、高精度な医療用のレーザー機器を使います。
コンピュータ制御でフラップを作ることにより、以前より精密で完成度の高いフラップを作ることができるようになりました。イントラレーシックは普通のレーシックよりも、術後の後遺症や危険性が少ないのが特長です。

角膜の厚みが少ない人でも、イントラレーシックならば薄くフラップを作成できるので、治療できる人が以前よりも増えています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ホーム | ウェーブフロントレーシック »

このページの先頭へ