ウェーブフロントレーシック

現在のレーシック技術は、従来までの近視治療のみだけではなく、乱視治療にも対応が可能になっており、失敗例もほぼなく、安全な手術といえると思います。

数あるレーシック手術方法の中で「ウェーブフロントレーシック」を紹介します。

レーシックはウェーブフロントアナライザーという機械を使用し、角膜の凹凸を解析し、そのデータをもとにレーシックを行います。

不正乱視の矯正も出来るこの手術法は、ハローグレア現象などの合併症や後遺症もかなり軽減されます。

また、角膜が薄い方でも手術が可能で、他の手術方法では出来ないという判定でも、このウェーブフロントレーシックならば可能と選ぶ場合も多いようです。

しかし、手術料金がやや高めに設定されていますので、行う際には予算と相談となるでしょう。

レーシック手術はクリニックによって手術方法や使用機材、価格が異なります。
一つのクリニックで断られても、他のクリニックでは手術可能と言うこともありますので、諦めず複数のクリニックで検査を行うというのも良いでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

« イントラレーシック | ホーム | レーシックの主な手法 »

このページの先頭へ