このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

レーシックのメリットとデメリット

レーシックは近年一般の人々にも普及し始めた、視力を上げる手術治療方法の1つです。
最大のメリットは、裸眼の視力を回復させることで、眼が良く見える様になるという事です。

近視や遠視で眼鏡やコンタクトレンズをしている人は、装着が面倒に感じたり、費用が負担になっている方も多い事でしょう。特にゴルフや野球、サッカーなどスポーツを頻繁にされる方は、眼鏡だと不便な面があると思います。
レーシックで治療を行うと、そういった不便や見えずらいという点を感じずに生活をする事ができます。

また、1度手術を行えば、基本的にはその後メンテナスなども必要なく、特に費用もかかりません。

しかし、レーシックにも全くデメリットがないというわけではありません。例えばそれぞれの医院によって異なり思いますが、一般的には手術代が高く設定されています。

その他、人によっては合併症を起こしてしまったり、自分の考えていたような視力ではないといったリスクもあります。このような点は事前にしっかりと医師と相談を行っておく必要があります。

どの病院で手術を行ってもらうかというのはとても重要ですので、クリニックをしっかり見極める事が大切です。

オススメのレーシッククリニック

錦糸眼科 症例数 代表医師
錦糸眼科
約99,000 矢作 徹
適応検査 地域
無料 東京(新橋・中目黒)・札幌
名古屋・大阪・福岡
神戸神奈川アイクリニック 症例数 代表医師
神戸神奈川アイクリニック
約44万以上 安田 明弘
適応検査 地域
無料 札幌・東京・名古屋・大阪
神戸・小倉・福岡
品川近視クリニック 症例数 代表医師
品川近視クリニック
約100万以上 綿引 一
適応検査 地域
無料 札幌・東京・名古屋
大阪・福岡
SBC新宿近視クリニック 症例数 代表医師
SBC新宿近視クリニック
約99,000 安田 佳守臣
適応検査 地域
無料 東京(銀座・新宿)
横浜・大阪

最近のレーシック事情

数年前からレーシックを受ける人々はいましたが、近年、その傾向はますます増加の傾向にあるようです。

以前は、レーシックというとかなり高額で、レーシックを行っている病院も今と比べると本当に少なかったものです。

最近では、日本全国のあちこちの病院でレーシック治療を行っているところがあり、一般の生活を送る人たちも、視力が落ちたらメガネやコンタlクトレンズで視力を補強するのではなく、レーシックによって視力を治すというような考えも出てきているように見えます。

一昔前は、レーシックで視力をよくするといっても、仕組みが一般的には知られていなかったりして、得体がしれないとか怖いというイメージだけが先行していたかもしれません。

数年前には、ずさんな安全対策を行っていたレーシック医院が大量の感染症患者を出すという痛ましい事件もありました。。

しかし、多くのレーシック医院では、徹底的に安全管理を行っていますので、手術による感染症や失明などの失敗談はほとんど聞きません。

今では、誰もが知っている有名人やスポーツ選手などもレーシックを受けて、レーシックを受けたことを公表したりしているのも、もしかしたら、人々のレーシックに対してのイメージに影響を与えているのかもしれません。

レーシック医院についての疑問は、SBC新宿近視クリニックの医師にインタビューしている記事が参考になります。

このページの先頭へ